おうちコーヒーを楽しむ! 手軽に始められるおすすめの道具

AboutCoffee

こんにちは!

旅するバリスタTomokoです。

おうちで過ごす時間が増えて、自分でコーヒーを淹れる人も多くなったような印象です。「そろそろインスタントコーヒーは卒業したい」、「手軽に美味しいコーヒーを淹れたい」と言う人に向けて今回はおうちで美味しいコーヒーを手軽に始められる道具のご紹介をします。

 

おうちコーヒーが手軽に始められるおすすめの道具

初心者の方が本格的にコーヒーを淹れるとなると、ある程度道具が必要になってきます。こだわりが強くなるだけ必要な道具も増えていきますが、インスタントコーヒーを卒業した方が気軽に始められる道具からステップを踏んでお伝えしますね。

 

インスタントコーヒーとレギュラーコーヒーの違い

道具の紹介の前に、知らない方もいるかもしれないのでインスタントコーヒーとレギュラーコーヒーの違いについて説明します。

インスタントコーヒー・・・コーヒー豆の抽出液を乾燥させて粉末状に加工したもの。凍結乾燥(フリーズドライ)と噴射乾燥(スプレードライ)ふたつの方法があり、前者はコーヒーのアロマがよりよく、後者はより細かい粉末状のコーヒーなので冷たい水や牛乳にも溶けやすいそうです。

レギュラーコーヒー・・・焙煎したコーヒー豆、またはコーヒー豆を挽いた粉のこと。日本の場合、100%コーヒー豆が使用されているコーヒーを示します。レギュラーコーヒーの場合、インスタントコーヒーのようにお湯をかけても溶けません。

お湯に入れたら溶けるインスタントコーヒーの方が圧倒的に楽ですが、コーヒーの本来持っている香りや風味は弱く、私の個人的な意見は後味がとてもイヤなんです。また、インスタント食品って体に悪いイメージですが、インスタントコーヒーの場合カフェイン量や栄養面で見てもレギュラーコーヒーと変わらないそうです。それなのに何だか胃がムカムカしたりすることがあるなら、それはおそらく原材料であるコーヒー豆の品質が低いものになるからです。

 

お試しで始めるなら低価格で揃えられるダイソーがおすすめ

初心者の方が道具を揃えるとき、気軽に買えることができるのが100円ショップのダイソーです。私がまずおすすめしたいのはハンドドリップ用の器具ではなく、フレンチプレス!

こちら、100円ではなく500円(プラス税)になりますが、普通に売っているフレンチプレスに比べると破格の値段です。そして、なんとハンドミルも500円で売っているので、お試し感覚で始めたい方はダイソーへ行ってハンドミルとフレンチプレスを揃えましょう!!コストはたった1000円です。お財布に優しいので、もしおうちでコーヒー淹れる機会が減ってもそんなに損した気分にはなりませんよね。

ダイソーのハンドミルは挽き目も5段階調整できるし、なかなか優秀です。強いていうならハンドル部分が短いので、回しにくいのがネック。挽くのに時間がかかるので結構体力消耗します。安くても2000〜3000円くらいするコーヒーミルが500円なのだからそこは仕方ないですね。

フレンチプレスはハンドドリップほど技術はいらないし、ペーパーフィルターも必要ないのでコーヒー豆とケトルがあればおうちで気軽に本格コーヒーが楽しめます。そして、コーヒーは挽きたてがやっぱり美味しいので、ダイソーへ行くならついでにハンドミルも揃えてしまいましょう!このふたつと、自分好みのコーヒー豆が揃えばおうちで手軽に本格コーヒーが味わえますよ♪

ダイソーのハンドミルについてstand.fm(スタンドエフエム)でもレビューをしていますのでよければお聞きください。

#124 ダイソーのハンドミルと電動ミルの比較 & 新しい使い方‼️ - Tomo Cafe (コーヒーの輪を広げたい) | stand.fm
コーヒー淹れながら筋トレしたい人はダイソーへ行ってください‼️   腕の筋肉を鍛えながらコーヒーが淹れられるそんな器具をご紹介✨   ちょっとふざけたレビューになってしまいましたが、一応電動ミルとの比較もしています😅   ダイソーミルではないけど、コーヒーのミル...

 

ハンドドリップでコーヒーを楽しむなら揃えたい道具

フレンチプレスでコーヒーの楽しさを実感したら、次はぜひハンドドリップをしてみましょう。ハンドドリップで必要な道具をご紹介していきます。

 

ドリッパー

初心者におすすめなのはカリタの三つ穴台形ドリッパー。ドリッパーの中でお湯がたまるのでお湯を注ぐテクニックが必要なく、安定した味が出しやすいです。

ハリオV60はお湯の注ぎ方次第で味の調整ができるので、自分で味のコントロールしたい(いずれしていきたい)のであれば、ハリオV60がおすすめです。また、この器具を使っているカフェも多いので、お店の味が再現しやすいのもおすすめするポイントです。

 

コーヒーケトル

ハンドドリップではお湯の注ぎ方によってだいぶ味が変わります。ヤカンのような太い注ぎ口のものではなく、細い注ぎ口になっているコーヒー専用のケトルがおすすめです。

私がずっと愛用しているハリオのケトル

カリタも安心と信頼のコーヒーメーカー

注ぎ口がとても細いので意識せずとも細く出せます

 

コーヒースケール

コーヒー初心者さんにありがちなのはスケールを使っていないということ。カフェで飲むコーヒーが美味しい理由の一つはコーヒーを淹れるとき、粉の量、お湯の量、そして時間をちゃんと測っているんです。なのでスケールは絶対に使うことを推奨します。

コーヒー屋さんも使っているハリオのスケール

かなり高いけど、スタイリッシュでハイテクなアカイアのスケール

お手頃価格なスケール

 

サーバー

抽出したコーヒーを入れるサーバーはなくてもマグカップで代用できます。でも2杯分以上のコーヒーを淹れるのであればサーバーがある方が良いです。

 

ドリッパー・サーバー・フィルターの一式セットもあるのでこちらでまとめて買うのも良いと思います。

まとめ

今回紹介したダイソーの道具なら初心者さんでも手軽に揃えられて今すぐにでも始められると思いませんか?インスタントコーヒーは卒業したい、でもハンドドリップはまだちょっとハードルが高い・・・そんな方はぜひ、フレンチプレスをお試しくださいね!!

私が開催しているコーヒー初心者さんのための体験60分教室【美味しいおうちコーヒーの楽しみ方】も受付中なのでお気軽にお問い合わせください(^^)オンラインなので全国どこからでも受講可能!!

この講座を受ければ自分好みの味を知ることができたり、コーヒー豆の選び方などがわかるのでこれからコーヒーを始めるのなら役立つと思います。

 

今回はおうちで美味しいコーヒーを手軽に始められる道具についてお話ししました。

ハンドドリップの淹れ方やコーヒー器具についての記事もよければご覧ください(^^)

現役バリスタが教えるコーヒー好き初心者さんのための美味しいコーヒーを淹れるコツ
こんにちは! 旅するバリスタTomokoです。 最近コロナの影響もあり、皆さん自宅で過ごす人が多いと思います。 そんなおうち時間を少しでも有意義に過ごすためにも、 今回の記事はコーヒー好き初心者さん向け「美味しいコー...
コーヒー好き初心者におすすめしたいコーヒー抽出器具5選!!
こんにちは! 旅するバリスタTomokoです。 コーヒーを淹れるとひとことに言っても、たくさんのコーヒー抽出器具があり、淹れ方も様々です。また、器具によって同じコーヒー豆を使っても味の印象が全く変わるんですよ! 今回は、コ...

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました