フラットホワイトとは? オーストラリアのコーヒーメニューをバリスタが解説

AboutCoffee

こんにちは!

旅するバリスタTomokoです。

オーストラリアはコーヒー先進国ということをご存知ですか?私がコーヒーに興味を持ちバリスタになったのはオーストラリアのカフェ文化を知ったからです。「フラットホワイト」や「ロングブラック」などオーストラリア独自のコーヒースタイルが有名ですが、まだ日本では知らない人も多いです。

最近では日本でもちらほらオーストラリアスタイルのカフェを見かけるようになり、少しずつフラットホワイトやロングブラックを知る人も増えてきたかなぁといった印象です。

今回はオーストラリアのカフェで働いた経験あり・現在もバリスタ兼・講師として働く私が、オーストラリアのコーヒーメニューについて解説します。
この記事を読めばあなたもカフェで迷わずにオーダーができますよ!

 

オーストラリアのカフェ文化と歴史

オーストラリアのコーヒーはイタリア系移民がエスプレッソ文化を持ち込んだことから影響を受けたと言われています。だからオーストラリアではエスプレッソ系コーヒーが主に飲まれているんです。そしてオーストラリア人は大量生産されていないユニークなものを好む国民性。カフェにおいてもオリジナリティを持った店が人気のため、スターバックスでさえもそこまで流行りませんでした。

私が実際に何度もオーストラリアのカフェに行って感じたのは、オーストラリア人はみんな自分のお気に入りのカフェやバリスタがいるということ。毎日そこへ行って顔なじみのバリスタやお客さんと話をしながらコーヒーを飲む、ということがルーティンになっているんです。
だからオーストラリア人のお客さんはコーヒーも決まったものを毎日オーダーするし、バリスタもそれを覚えてしまうんですよね!このカジュアルなカフェのやり取りもオーストラリアのカフェ文化の魅力だと私は感じています。

 

オーストラリアのコーヒーメニュー

オーストラリアのカフェに行くとよく見かけるのが「ブラックコーヒー」と「ホワイトコーヒー」と書かれたメニュー表。中にはこの2種類しか書いてないシンプルなお店もあります(笑)
私たち日本人からするとこれだけじゃ困りますよね!
もしそんなお店に出会っても、この記事を読んでいる方は迷わずオーダーできると思います♪

 

ブラックコーヒー

ブラックコーヒーとはそのままの意味でミルクなどが入ってないエスプレッソベースのブラックコーヒーのことです。

 

ショートブラック

ショートブラックはエスプレッソのことを言います。
ショートサイズのブラックコーヒーと間違う方が多いですが、シングルショットまたはダブルショットのエスプレッソのことになるので、お間違いなく。基本的にはシングルショットになると思いますが、以前私が働いていた職場はどのメニューもダブルショットが基本だったのでお店によってはコーヒー感がストロングだったりします。

 

ショートマキアート

ショートマキアートはエスプレッソにティースプーン1、2杯程のフォームドミルクをのせたものです。「マキアート」というのはイタリア語で「染み」を意味するのですが、エスプレッソに浮いてるフォームドミルクが染みに見えることから名付けられました。
スターバックスにあるキャラメルマキアートと間違えてオーダーすると全然違うものが出てきてしまうので気をつけましょう。

 

ロングブラック(ホット/アイス)

ロングブラックはダブルショットのエスプレッソに少量のお湯を足したものです。お湯の量はお店によってレシピが違いますが、私がいた職場ではエスプレッソ30mlにお湯60mlを足していました。アメリカーノよりも少しコクが増して、スイーツと一緒に頼むならおすすめのドリンクです。

 

アメリカーノ(ホット/アイス)

エスプレッソ(シングルかダブルはお店による)にお湯を足したもので、ロングブラックよりもさっぱりとした味です。日本でいう「アメリカンコーヒー」のような認識で良いかと思います。厳密にはアメリカーノとアメリカンコーヒーは違うんですけどね!薄味のコーヒーが好きな方におすすめです。
余談ですが、アメリカーノは韓国人の方がよく飲むイメージです(笑)

 

ホワイトコーヒー

ホワイトコーヒーとはエスプレッソとミルクを混ぜたミルク入りコーヒーのことを言います。

 

フラットホワイト

ダブルショットのエスプレッソにスチームしたミルクを混ぜたもので、ミルクの滑らかな舌触りとコーヒー感をしっかり感じることができるラテとはちょっと違うミルク入りコーヒー。オーストラリア、ニュージーランドではポピュラーなドリンクなので見かけたら一度は試めすべき!

 

ラテ(ホット/アイス)

エスプレッソ(シングルかダブルはお店による)にスチームしたミルクを混ぜたもので、フラットホワイトやカプチーノに比べるとミルクの容量が多いのでコーヒー感よりもミルク感が好きな方におすすめのドリンク。

 

カプチーノ

エスプレッソ(シングルかダブルはお店による)にスチームしたミルクを混ぜたもので、フラットホワイト、ラテに比べてフォームの量が多く質感が軽いドリンク。オーストラリアではココアパウダーが振りかけているものが多く、ココアの甘い風味とコーヒーの組み合わせが美味。

 

ピッコロ

エスプレッソ(リストレット)にスチームしたミルクを混ぜたもので、カップのサイズも小さいので見た目はラテの小さいバージョンになります。リストレットとはエスプレッソの美味しい部分のことをいうのですが、凝縮されたエスプレッソと少量のスチームミルクが混ざり合っているので濃厚な味わいが堪能できるドリンクです。量は欲しくないけど、ミルク入りのコーヒーが飲みたい方におすすめです。

 

モカ(ホット/アイス)

エスプレッソとココアとスチームミルクを混ぜたものでエスプレッソの苦味とココアの甘さが合わさってコーヒーが苦手な人でも美味しく飲めると思います。エスプレッソの割合が多ければコーヒー感が強く、ココアの割合が多ければ甘みが強くなるのでバリスタに伝えると自分好みの甘さに調整してもらえます。

 

コーヒー以外のドリンクメニュー

オーストラリアにはコーヒー以外のドリンクも豊富にあるので紹介します。コーヒーが飲めない人にもとっても優しいですね♡

 

ホットチョコ

チョコレートソースやココアをスチームミルクで混ぜたもので、マシュマロが一緒に添えられて出てくるドリンク。ココアよりも濃厚な味わいで、寒い時期や甘いものが好きな人にはおすすめです。

 

チャイラテ

チャイの茶葉もしくはシロップなどをスチームしたミルクと混ぜたもの。スパイシーな香りとほんのり感じる甘さが絶品です。健康志向の高い方や女性が好んで飲んでいる印象です。

 

紅茶・ハーブティー

オーガニック系の紅茶やハーブティーを使っているお店が多く、種類も豊富なのでカフェインを控えたい方にはおすすめです。そして紅茶といえばオーストラリア発祥のT2もあるのでお土産に買っていくと喜ばれますよ(^^)

 

ベビーチーノ

カプチーノのようにミルクを泡立てたもので名前の通り、ベビー用のドリンクです。オーストラリアでは子供もカフェでベビーチーノを飲んでいます。ミルクの泡が鼻の下に残ってて微笑ましい光景も見られます。また、オーストラリアではベビーチーノと言いますが、ニュージーランドではフラッフィーと言います。

 

パプチーノ

こちらもカプチーノのようにミルクを泡立てたもので、ワンちゃん用のメニューです。愛犬とお散歩中にカフェに立ち寄って一緒にブレイクタイム。ワンコにも優しいオーストラリアのカフェ・・・素敵ですね!犬にミルクってあまり良くないような気もしますが、調べてみるとワンちゃんでも安心して飲めるミルクのようですが、念のためお店の人には確認することを推奨します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@diego_and_pack)がシェアした投稿

 

 

日本では定番のドリップコーヒーやアイスコーヒーはない?

日本では当たり前のようにあるドリップコーヒーですが、オーストラリアではドリップコーヒーはあまり見かけません。スペシャルティコーヒーショップであれば、「Filter coffee」または「Brew coffee」というメニューがあり、それがドリップコーヒーになります。

また、アイスコーヒーに関しては日本のアイスコーヒーをオーダーしたつもりでいると驚くと思います。オーストラリアのアイスコーヒーとは、アイスラテにアイスクリームやホイップクリームがトッピングされたコーヒーのことになります。

アイスアメリカーノやコールドブリューが日本のアイスコーヒーに近いので、アイスコーヒーが飲みたい方はこちらを頼むようにしましょう。

 

 

都内でフラットホワイトが飲めるオーストラリアスタイルカフェ

都内にもオーストラリアやニュージランドスタイルのカフェがいくつかあります。そこへ行けばフラットホワイトやロングブラックが飲めますよ!ここではオーストラリアスタイルのカフェを紹介します。

 

FIRST FRUITS COFFEE

オーストラリアのゴールドコースト発祥のカフェで2019年11月、東京の白金にオープンしました。ドリンクはコーヒー以外に抹茶ラテやスムージーなどもあり、フードもオーストラリアならではのものが食べることができます。

Instagram

 

Byron Bay Coffee

オーストラリアのバイロンベイ発祥のカフェで、ここでもフラットホワイトはもちろん、ミートパイやバナナブレッドなどオーストラリアのカフェの定番メニューが楽しめます。都内に3店舗、水戸に1店舗あるので関東にお住いの方は行きやすいと思います。

Instagram

 

Bun Coffee

こちらもバイロンベイ発祥のカフェで、2014年に東京の市ヶ谷に上陸しました。オフィス街にある小さなスタンドスタイルなので、テイクアウトメインになります。お店のインスタを見ていると常連さんが多そうな印象で、これぞオーストラリアのコーヒースタンドと言った感じです。オーガニックティーやコーヒー豆のパッケージもカラフルでかわいいのでギフトととしても喜ばれそうです。

Instagram 

 

MEtoA Cafe & Kitchen

オーストラリアのカフェをコンセプトに、 スーパーフードや野菜をたっぷり使った、 健康で、見た目も美しく、おいしい料理を提供しているカフェレストラン。銀座の東急プラザ内にあり、おしゃれなオーストラリアのカフェ空間を演出しているカフェです。コーヒー・フードの味もさることながらとにかく全てが映えます。

Instagram

 

まとめ

今回紹介したもの以外にもオーストラリアには裏メニュー的なものがたくさんあります。また、ミルクの種類やエスプレッソの量などもバリスタに言うと変えてくれるので、とても自由度が高いし本当に自分に合うコーヒーが飲めそうじゃないですか?そして大人だけでなく、子供やワンコまでカフェを楽しめるというのも驚きですよね!
日本でもオーストラリア・ニュージーランドスタイルのカフェでは同じようなオーダーをしてみたら意外と対応してくれるかもしれないのでぜひ試してみてくださいね。

 

コーヒーの種類や特徴について書いてる記事↓

知っているとカフェで迷わない!コーヒーメニューの種類と特徴
こんにちは! 旅するバリスタTomokoです。 カフェでオーダーする時に、ドリンクの種類が多すぎてよく分からない! 店員さんに聞くのもちょっと・・・ なんて困って結局わかりやすいカフェラテや、本日のコーヒーを頼んでし...

 

オーストラリアのコーヒーのルーツについて音声で話してます。

502 Server Error

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

コメント

  1. ララビー より:

    こんにちは。
    オーストラリアにはカフェがいっぱいありますよね!
    私はあまり良く分かってなかったのでこれはとても参考になりました!いつもチャイラテとかモカとかなので、ちょっと違うのに挑戦したいなーと言う気持ちになりました♪

    • tomoko tomoko より:

      ララビーさん、コメントありがとうございます美味しいカフェの多いオーストラリアに住われていて羨ましいです✨ぜひ機会があれば他のコーヒーも楽しんでくださいね!

タイトルとURLをコピーしました